カーテンに求める役割を考えればシェードカーテンの選び方も決まる

カーテンの選び方を知ればベストなシェードカーテンが探せる

カーテンに求める役割を考えればシェードカーテンの選び方も決まる

女の人

カーテンに求める一番の役割

カーテンは外から室内を見えにくくするための働きを求めてつけていますよね。そんな時に気になるのが遮光や遮熱の効果です。外からの日差しや熱を防ぐことによって、室内環境を快適に保つことにつながるからです。そういった点から見ても、インテリアはデザインだけでなく、機能性にも重視して選ぶ必要があるでしょう。

紫外線対策は家の中でも必要

みなさんは、外に出た時に紫外線対策をしていると思いますが、住宅の室内に居る時はどうでしょうか。紫外線は部屋の中にいても、カーテンを通して入ってきます。それを防ぐには紫外線カット効果のあるカーテンを選ぶことが大事です。特殊な生地によって光は遮らず、紫外線だけをカバーしてくれます。そのため、通常カーテンやシェードカーテンを選ぶ時でも、紫外線カット効果のあるものを選ぶようにすると良いでしょう。

選び方でシェードカーテンは変わる

シェードカーテンの種類は実に多いです。そのため、同じシェードカーテンのくくりの中でも種類によっては、さまざまな見た目に変化します。

カーテンの選び方のポイント

イメージを具体化する

カーテンなどのインテリアに関わるものを決める時は、まずはイメージを具体的にすることが大切です。そして、設置したい窓を決めてからカーテン選びに入りましょう。カーテンを選ぶときは、生地も重要なポイントとなります。生地で部屋全体の雰囲気も変わるのでなりたいイメージに合わせて選ぶと良いです。

部屋によって機能性を選ぶ

カーテンには、いろんな機能のついた種類があります。そのため、リビングや寝室など、カーテンを設置する場所によって機能性を選んでいく必要があると言えるでしょう。寝室であれば、遮光率を意識して選ぶと、眩しさが抑えられ、睡眠の質を上げる効果が期待出来るでしょう。シェードカーテンは、機能性も豊富に揃っています。

デザインは主張しすぎないもの

カーテン選び方で最も大事で、視覚的効果を左右するのがデザインとカラーです。デザインやカラーによって、部屋のインテリアと合わなくなったり、思っていた雰囲気と変わることもあります。そうならないためには、個性の強すぎるデザインやカラーは選ばないようにすると良いでしょう。

広告募集中